社員を追い詰める、社員を守る、経営者の覚悟の違い

投稿者:Shinji Sawane

社員を追い詰める、社員を守る、経営者の覚悟の違い

社員を追い詰める、多くの経営者の方が、やるまいと心に決めつつも、やってしまっているのではないかと不安に思うことも多いのが現実のようです。よかれと思ってやっている、守るつもりで対話している、そう思っていても、実際に異なる結果になることもあります。

面接の現場では、経営者の方がしっかり把握していることはもちろん、経営者の方からは見えなかった部分、あるいは、見せないようにしていた部分が見えてくることがあります。それは見せないでおく場合もありますし、大切なことであれば、本人の同意をもって伝えることもあります。組織でのカウンセリングである以上、多くの場合は、後者になりますが、それをどう伝えるかは簡単ではありません。多くの社員の方と話すなかで、あり得ない、信じられない、など真っ直ぐな不満を出してくれるところもあります。もちろん、内容をよく理解して、できる限り経営者の皆さんに受け取りやすい形で実態を理解してもらうことを意識しています。

それでもこの現実を見ないようにする経営者の方もいらっしゃいます。気持ちの余裕がない、そういうこともあるでしょうが、自分はしっかりやってきた、こんなはずではない、という思いがどこかに存在していると、なかなか受け取れないのは理解できます。それでも受け取ってもらえるような表現と関係性を我々は持つ必要がありますが、それが届かないこともあります。そんなときは、多くの場合は退職者が増え、その負荷が周囲に影響し、ますます苦しい状況に追い込まれていく、そんな悲しい方向に動いてしまいます。

この違いはなんだろうと考えると、やはり「覚悟」と言わざるをえません。孤独な経営者にもありますが、必死で頑張って孤独の中を歩く経営者にとって、見たくない真実でもあり、それを受け取るのは「覚悟」や「信念」以外の何者でもありません。この覚悟は、企業の大きさにとは無関係と言えると感じますし、持てるかどうかは経営者の方の意識に他なりません。周囲に信頼できる存在がいるか、という点も大きな影響を与えるようです。悪い情報が上がってこない、これはその兆しでもあります。

ヒトらぼでは、社員を守る経営者の覚悟を、一緒に持つことができるよう、幅広くサービスを提供しています。社員を元気にするために、経営者は孤独である必要はない、嫌われ役である必要はない、そんな意識で日々活動を行っています。

投稿者について

Shinji Sawane administrator

コメントを残す