コンテンツへスキップ

私自身専門家として意識していることでもあり、ちゃんと出来ているのだろうか、と自問するテーマでもあり、面接のたびに振り替えるテーマでもあります。

DVやストーカー、あるいは性犯罪の被害を受けた方にとって、支援体制が充実し始めているとはいえ、決して十分なものとは言えません。その対応を専門家、という観点で考えてみると、専門家が専門知識という営利な刃で相談者を傷つけてしまうことがあります。その刃はその専門家の方にとっては、当たり前のことかもしれませんし、常識なのかもしれませんし、現実的なのかもしれません。

それは相談者の観点で見たときに、現実的なのか、はまた別問題だと思うのです。実はとても簡単な話でもあるのですが、専門家にとっての優先と、相談者にとっての優先があって、どちらの優先しているのか、ということなのです。多くの場合、専門家の優先がとられているように感じます。多くの場合、相談者はそれ以上、そこには行きませんし、その時の思いを伝えることもありません。その結果、気づくことができず、専門家が同じことを繰り返しているようなケースもあるようです。

私自身、相談者の方と支援関連の組織に伺ったり、後で状況を確認したりするのですが、残念ながら、失望に包まれることが多くあります。入り口の段階で相談者、つまりは被害者とその時点で思われる方に対して、なんの意図があってか根掘り葉掘り聞くだけ聞いて相談者の落ち度を指摘するケースが多いことです。また、相談のアポイントを受けておきながら、うちに来られても対応できません、と突き放したケース、あるいは、そんな過去を振り返るより未来を向きましょう、などと正論だけの対応を返す場合、様々な対応を目の当たりにし、その対応が専門家の手によるものだ、ということがとても残念なことです。実際には専門家の杓子定規的な対応が起点となって、その後の人生が大きく狂ってしまうことも起きてしまいます。

専門家の武器は、専門知識であり、その専門知識で相談者を支援することが役割ですが、その専門知識は凶器にもなることは意識しなくてはいけません。専門家である以上、相手が受け取ることができるボールを投げる、それこそが専門家が専門家である意味だと思うのです。

DVやストーカー、あるいは性犯罪、福祉や心理を含めた他の様々なケースで相談が必要な方は、人生の中で大きな衝撃を受けている状況でもあり、そこに向き合おうとすること自体が、とても勇気と力のいることです。その奮い立たせた勇気を摘み取るのが専門家であることがとても悲しいことです。

専門家には、専門知識+想像力というものが必要だと感じます。だからこそ、専門家は人の心を学んでほしい、そう思うのです。

何をやろうとしても不安が襲ってくる、そういう方は比較的多いと思います。そういう気持ちがあることを隠して、気づかれないように、指摘されないように、そのために懸命に努力している方もいらっしゃるでしょう。

なんとかして不安を消したい、何度も何度もどう思いながらも、その一歩が踏み出せず、あるいは踏み出そうとすることが不安を生んでしまう、そんな悪循環とも言える中で、精いっぱいの努力をされていることが多いようです。

不安というのは、過去をエネルギーにして未来からやってくる、と私は考えています。ひとりひとりが精一杯生きてきた積み重ねの中の経験が、未来へのブレーキ(不安を感じる)となってしまうことがある、そんなイメージです。それをはずしてブレーキを緩めることがある意味解決策なわけですが、ちょっと立ち止まって考えてみることも大切に思います。

そのブレーキは大切なのではないか

という単純なことを考えてみることです。もちろん、外すことができれば、進むことができます。それはいいことにも思えますが、一方で、そのブレーキがあったからこそ、今までやってくることができた、という側面も必ずあるわけです。

自分ではない誰かの生き方、歩き方と自分を比べてしまうこと、あるいは現状がダメに感じてしまう、誰かの言葉が重くのしかかり、ブレーキを外さなくてはと感じてしまう、そんなことも多くあります。

そうなりたい、と思う気持ちはとても大切ですが、比較する必要もなく、競争することには限定的な意味しかないと思うのです。それよりも、今までそのブレーキをかけて歩いてきた自分自身を認めてあげること、理解してあげること、そして感謝すること、それが最初のように思うのです。

そうやって、大切だったと感じることができたなら、ここから先は、ブレーキをかけない選択を持つこと、そして、その選択肢から選ぶこと、になってきます。

不安はここまで歩いてくるために必要だった武器、そう考えることで、今の自分が少しだけ楽になるのなら、不安を手放す必要もないと思うのです。

精一杯歩いてきた自分自身の武器に、ほんの少し感謝してみませんか?そこから次の一歩を歩き始めることも大切だと思うのです。

自分を変えたい、今度こそ変えたい、そんな気持ち、起きることありますよね。もっと人とうまく関わりたい、自分がダメに思える、日々の変わらない生活・・・・・多くの方が、いろいろなシーンで思うことです。

基本的に前向きなモチベーションでもあり、止める理由もないわけですが、少し斜めから見てみることも大切なのではないかと感じます。

自分を変えたい、を異なる表現に置き換えると、自分の〇〇が嫌、ということになります。もちろん、全部変えたい、という思いのある方もいるかもしれませんが、ここでは、〇〇が嫌、という前提があるケースで考えてみたいと思います。

例えば、〇〇には臆病、という言葉が入ることもあります。何をするにしても、一歩踏み出す勇気がない、自分で動けない、など、臆病で何もできない、臆病な自分はダメだ、治そうと思っても治せない、そんなことを感じている方もいらっしゃいます。

変えなければならないという気持ちは、臆病をクローズアップし、変えることができなくなるほど巨大な思いになっていくように思います。それは、ますます、自分はダメという思いを強化することになり、変わろうと思えば思うほど変わることができない、ということになっていきます。変わりたい思いとは真逆へ向かってしまうことも多くあるように思います。

穿った見方を含めて、様々な見方があると思いますが、私は少なくとも、〇〇の意味(前述の場合は臆病の)を大切にしたいと常々思います。

そもそも、〇〇は弱点以前に、これまでずっと生きるために必要だった武器であったと言っても過言ではありません。それがなければ、もっと大変だったとこもあったかもしれません。兄弟や友人、あるいはタレントやアニメのキャラクター、様々な比較対象を認識したことで、臆病という特徴に優劣(劣をつけたわけですが)をつけるわけです。

そう考えたときに、〇〇という特徴が、生きてくるためにどんなに大切だったのか、をよく聞かせてもらうことは、その方にとって重要だと思うのです。そして、認識こそが、スタート地点の把握だと思うのです。より良い一歩のために、正確なスタートの認識は重要だと考えています。

あたなは、スタート地点を正確に認識していますか?

身内であればあるほど、どうしても心配で、いろいろなことを言ってしまうこと、手を出してしまうことがあります。その結果が、いい方向に行く場合もありますし、行かない場合もありますね。結果は振り子のようにどちらにも触れることがありますが、安心、というキーワードがこの背景にある場合もあります。

ある人からみれば、当たり前と思うことができない、周りの人ができているのに、その人にはできない、あるいは、できないように見えてしまうという状況があります。当事者以外の人から見ると、なんで?ということになりますが、当事者にとってはもっと深刻に考えているようなケースもあるわけです。

何かをする、というのは、当たり前のようで、その最初の一歩はとても勇気とパワーがいることです。どうしても結果というものが頭の中にチラチラしてしまいます。やったことが上手くいくだろうか、という思い、あるいは、結果ではなく、周りの人がどう思うか、という不安、あるいは、何か予想もつかないことが起こるのではないか、という恐怖、そのほかにも実はたくさんのチラチラ、が存在しています。既に当たり前のようにやっている人にとっては、やれば大丈夫だよ、と思うところです。ところが当事者にとっては、想像をはるかに超える大きな、不安のようなもの、が存在している場合が多くあります。

少し極端な例ですが、蛇口を捻れば、飲むことができる水、がでることに対して疑う人は少ないと思います。ただ、ここに不安を持つとしたら、水を飲む、という行為がとてつもなく勇気のいる行動になります。実際には通常状態では危険はないのですが、不安というものは身勝手に大きくなっていきます。

話が少しずれましたが、この不安、生きるための防衛とも言えなくありません。それが極端に強くなることの生きづらさが多いように思います。

春はまた人が大きく動く時期にもなり、変化の季節です。
そんな時、不安を持っている身近な人を煽るより、安心を手渡していくことも大切です。時間はかかりますが、言い換えれば、それまで安心を手渡すことができなかった中で生きてきているわけですから。安心を手渡す応援もある、そんな観点も大切なことかもしれません。

カウンセリングの現場でも、安心を渡すことは、地道に丁寧にやっていきます。それは、これからのその方の人生の土壌になっていくものだと思うからです。

長い時間をかけたものでも

手間をかけたものでも

永遠に続くものではなく

いつか役割を終える時がきます

残念なことでもあり

寂しいことでもあるけれど

それでも役割を終えることは

次に繋がる一歩でもあります

いい関係でずっと続いた仕事

関係を維持するために努力した日々

それでも終わりが来ることはあります

役割を終える時なのだと

感謝の気持ちで見送ること

感謝の気持ちで舵を切ること

大切なことなのかもしれません

役割を持つ者にとって

引き際・・・・大切なことなのだと思います

うまくいかないことばかりだと

動くこと自体が苦痛になります

悪いイメージばかりが先立って

動かない理由は

いくらでも溢れてくる

悪循環の中では

考えることは

蜘蛛の糸のように

絡まる要因を作ります

もし気が進まなくとも

動けるような機会があるなら

流れに任せて

身を委ねて見るのも一つの方法

違う流れに入ることは

新しい視界を広げてくれる

そんなことも少なくはない

春になると、役割や立場の変化があります

身近な人の立場が変わる時

その影響が思いのほか大きいことがあります

大切な存在だからこそ

その変化を受け入れるのが難しく

頭ではわかっていても

心がついていかないこともあります

特に、人の成長が伴う場合には

大きな一歩を踏み出す側と

大きな一歩を見送る側とでは

その感じ方が異なります

そんな時、見送る側が持つことがある

寂しくて嬉しくて、という矛盾した気持ち

その気持ちを持てるほど

たくさんの愛情を注ぎ込んできた

それが安心と信頼を育て

その結果、安心して踏み出せる

その人が旅立つ土壌を育てた

決して、寂しさが埋まる理由にはなりませんが

踏み出す側にとっても

見送る側にとっても

誇らしいことなのではと

そんな風に感じます

何もうまくいかなくて

何をやってもダメで

もう前を見ることができない

そんなときがあります

考えることは不安を強くし

後悔の念に押しつぶされてしまいそう

それでも

目を凝らしてみる

五感を信じてみる

当たり前だったこと

何気ないことだったこと

その大切さを感じる

本当に支えようとしてくる人の思いを感じる

余計なものを手放して

本当に大切なものを手にする

そんなきっかけになる

くらやみの中での手探り

温かい何かを掴めるように