とき

時間に追われる

忙しいとき、やることが多いとき
そんなふうに感じることがあります

時計ばかりを気にしていると
確かに枠の中に押し込まれるような気持ちになりますね

時間を単位だったり物差しとしてだけ
受け止めるとそれも仕方のないこと

時間はいのちを刻んでくれている
そんな考え方もあるのではないでしょうか?

そうすると
今の一瞬一瞬に意味や大切さが生まれ
人の時間、自分の時間に対して
見え方が変わってくるかもしれません

刻まれる時が
今まで以上に大切なものと感じたとしたら

皆さんは今何をしますか?
明日、何をしますか?

とき」に2件のコメントがあります

  1. 去年
    母が他界した。
    9月末から、輸血しないと生けない病魔に襲われ始めた。
    自分の時間も、仕事と、片道40分の見舞いで、過ぎた。
    一緒の時間がほしかったのかもしれない。
    親孝行ひとつもしてないのに。

    まだまだ、長生きしてくれると思っていた。

    今の私は、今を生きるだけ、
    先に逝った、娘の分も背負ってる。
    余裕がなくても、仕事のことなんかほったらかしたくても、
    じたばたもがくしか、出来ずにいても
    時間は過ぎていく

  2. コメントありがとうございます。

    簡単に言葉で表現できることではありませんが、過ぎる時の中に、何かひとつでも意味が感じられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です