選択する


いくつかの関係性がある場合
利害が一致しないことがありますよね

特にグループへの所属などは
それぞれの言い分があって
一方を選べば
他方との関係性が悪化する
当事者はとても苦しい立場になります

たくさんの話を聞けば聞くほど
だんだんと混乱して
動けなくなることもあるでしょう

そんなとき
他の誰でもない
自分自身の想いを聞いてみることも大切

特に未来の自分がどうなっていたいのか
そんな考え方も羅針盤になります

小さな選択の繰り返し
その積み重ねが今を
そして未来を作ります

選択をしていくことは
反省はあっても後悔はしない
そんなところに近づけるように思います

コメントを残す

Related Post

<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために

人それぞれの人生を歩む中で、それぞれ異なる体験を持ちます。その体験の重みは、その人にしか、その人の歩みの中でしか感じることはできませんが、時として重過ぎる何かを背負っているようなことがあります。持つことにとても大切な意味 […]

それぞれそれぞれ

たくさん考えて、悩んで やっとの思いで結論を出す それなのについ誰かと比べてしまう 普通を、正解を探してしまう それが人の出した答えなら それでいいと思う そう言ってあげられるのに 自分には言えないときがある そんなとき […]

ほこるほこる

春になると、役割や立場の変化があります 身近な人の立場が変わる時 その影響が思いのほか大きいことがあります 大切な存在だからこそ その変化を受け入れるのが難しく 頭ではわかっていても 心がついていかないこともあります 特 […]