それぞれ


たくさん考えて、悩んで

やっとの思いで結論を出す

それなのについ誰かと比べてしまう

普通を、正解を探してしまう

それが人の出した答えなら

それでいいと思う

そう言ってあげられるのに

自分には言えないときがある

そんなとき

それは何のための答えなのか

一度振り返ってみてもいい

それがもし

誰かのための思いなら

その時の精一杯なら

それを信じてあげたい

どんな人でも

大切な人のために

精一杯の答えを

いつも探している

過程にいるはずだから

コメントを残す

Related Post

<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために

人それぞれの人生を歩む中で、それぞれ異なる体験を持ちます。その体験の重みは、その人にしか、その人の歩みの中でしか感じることはできませんが、時として重過ぎる何かを背負っているようなことがあります。持つことにとても大切な意味 […]

選択する選択する

いくつかの関係性がある場合 利害が一致しないことがありますよね 特にグループへの所属などは それぞれの言い分があって 一方を選べば 他方との関係性が悪化する 当事者はとても苦しい立場になります たくさんの話を聞けば聞くほ […]

ことばことば

言葉は記号、言語学ではそういう表現だろうか。 それでも実際には、言葉は人と人とのやりとりに利用され、出し手から受け手へと意味を伴って伝えられる。 その意味を真剣に考えること、その思いを真剣に考えること、薄っぺらなものでは […]