ことば


言葉は記号、言語学ではそういう表現だろうか。

それでも実際には、言葉は人と人とのやりとりに利用され、出し手から受け手へと意味を伴って伝えられる。

その意味を真剣に考えること、その思いを真剣に考えること、薄っぺらなものではなくて、心にグッと伝わるもの。
それを大切にするあまりに、身動きができなくなる、言葉を発することができなくなる。
世界が全て止まってしまう。その瞬間から自分だけの時間が止まる。

友達からも家族とも距離が開いていくような気持になって、社会から取り残されたような気持になって、今、ここにいることが苦痛になってくる。

命、生きる、愛、時間、そんな言葉達が主体的な表現とともに、自分の中で動き始めたときに、小さくて大きな一歩が生まれるのかもしれない。

コメントを残す

Related Post

<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために

人それぞれの人生を歩む中で、それぞれ異なる体験を持ちます。その体験の重みは、その人にしか、その人の歩みの中でしか感じることはできませんが、時として重過ぎる何かを背負っているようなことがあります。持つことにとても大切な意味 […]

ほこるほこる

春になると、役割や立場の変化があります 身近な人の立場が変わる時 その影響が思いのほか大きいことがあります 大切な存在だからこそ その変化を受け入れるのが難しく 頭ではわかっていても 心がついていかないこともあります 特 […]

気づく気づく

日々の生活に懸命になっていると、落ち着かないことや、モヤモヤした気持ちになることがあります。 それが大きくなりすぎると、毎日の生活の中で、その気持ちが気持ちを支配してしまって苦しいですね。 そんなとき、誰かと話したり、愚 […]