気づく


日々の生活に懸命になっていると、落ち着かないことや、モヤモヤした気持ちになることがあります。
それが大きくなりすぎると、毎日の生活の中で、その気持ちが気持ちを支配してしまって苦しいですね。

そんなとき、誰かと話したり、愚痴を言うことでガス抜きをしてみることもあるでしょう。
それが繰り返される中で、ふと、自分の中にある、いろいろな思いに気づくことがあります。

今までの毎日は、何気なく過ごしてきているようでも、何かしらの思いや意思を持って、気づかない中でも選択を繰り返している場合がほとんどです。

対話の中で、これまで大切にしていた「何か」に気づく、そんな瞬間があります。

その気づきを大切に丁寧に扱っていくと、これまで何気ないと思っていた出来事が、突如、意味を持ち生き生きとし始めます。

そんなとき、その「何か」を両手で大切に包み込んであげる、そんな感覚が、自分を落ち着かせてくれるヒントになるかもしれませんね。

コメントを残す

Related Post

選択する選択する

いくつかの関係性がある場合 利害が一致しないことがありますよね 特にグループへの所属などは それぞれの言い分があって 一方を選べば 他方との関係性が悪化する 当事者はとても苦しい立場になります たくさんの話を聞けば聞くほ […]

<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために

人それぞれの人生を歩む中で、それぞれ異なる体験を持ちます。その体験の重みは、その人にしか、その人の歩みの中でしか感じることはできませんが、時として重過ぎる何かを背負っているようなことがあります。持つことにとても大切な意味 […]

それぞれそれぞれ

たくさん考えて、悩んで やっとの思いで結論を出す それなのについ誰かと比べてしまう 普通を、正解を探してしまう それが人の出した答えなら それでいいと思う そう言ってあげられるのに 自分には言えないときがある そんなとき […]