ほこる


春になると、役割や立場の変化があります

身近な人の立場が変わる時

その影響が思いのほか大きいことがあります

大切な存在だからこそ

その変化を受け入れるのが難しく

頭ではわかっていても

心がついていかないこともあります

特に、人の成長が伴う場合には

大きな一歩を踏み出す側と

大きな一歩を見送る側とでは

その感じ方が異なります

そんな時、見送る側が持つことがある

寂しくて嬉しくて、という矛盾した気持ち

その気持ちを持てるほど

たくさんの愛情を注ぎ込んできた

それが安心と信頼を育て

その結果、安心して踏み出せる

その人が旅立つ土壌を育てた

決して、寂しさが埋まる理由にはなりませんが

踏み出す側にとっても

見送る側にとっても

誇らしいことなのではと

そんな風に感じます

コメントを残す

Related Post

気づく気づく

日々の生活に懸命になっていると、落ち着かないことや、モヤモヤした気持ちになることがあります。 それが大きくなりすぎると、毎日の生活の中で、その気持ちが気持ちを支配してしまって苦しいですね。 そんなとき、誰かと話したり、愚 […]

そそぐそそぐ

どうしても結果を急いでしまうことがあります たくさんの出来事に翻弄されて 目先のことに振り回されることがあります きっとどんな方にでも そんな時はあるのだと思います 大切なことを本当に大切にしていますか? いつだったか聞 […]

おりるおりる

長い時間をかけたものでも 手間をかけたものでも 永遠に続くものではなく いつか役割を終える時がきます 残念なことでもあり 寂しいことでもあるけれど それでも役割を終えることは 次に繋がる一歩でもあります いい関係でずっと […]