人、自分を理解する

家族や身近な人と険悪にならないように HPコラム

家族や身近な人と険悪にならないように

外に出る機会が少なくなるということは、身近な人と過ごす時間が増えること。誰しも険悪になりたいわけではありませんが、結果的に関係が悪化していくことも少なくありません。関係が悪化していく場合には、こんなサインがあるように思います。ご自身にそんなサインが出ていないかを考えるきっかけになればと思います。 ・…
正しさの中の暴力性 HPコラム

正しさの中の暴力性

ひとりひとり、それぞれ異なる人生を送る中で、体験することや、環境の違いから、その人なりの正しさ、というものが生まれてきます。もちろん、その正しさは、普遍的なものではなく、生きていくなかで変化していくものです。その正しさが、人から教えてもらうこと、ということもあるかもしれません。 この正しさという軸は…
これまでの選択には花丸をつけよう HPコラム

これまでの選択には花丸をつけよう

大人であれ子供であれ、その生きた期間に関わらず、その人は様々な選択をしています。その選択の積み重ねが様々な決断となって影響を与えていると言えますが、その特徴、影響に捕らわれなくてはいけない状態もあるでしょう。 そんなとき、「これまでの人生の中のたくさんの選択に、花丸をつけてみませんか?」というところ…
背中を押すカウンセリング HPコラム

背中を押すカウンセリング

見た時の印象、誰からか聞いていた噂、あるいは病気や障害、そういった情報は、目の前の人を理解する情報の一部である一方で、目を曇らせてしまうフィルターになることも多くあります。   例えば、知的障害という言葉をひとつ聞いただけで、その方との間に壁ができてしまうこともあります。知らない、ということは不安を…
<コラム>当事者にしかわからないこと、理解する努力 HPコラム

<コラム>当事者にしかわからないこと、理解する努力

あの時は苦しかった、あの時は辛かった、振り返ることができること、どんな方にもあると思います。それは通り過ぎた出来事であり、今ここでの出来事は、また異なるものになっている状況になります。 ところが、この渦中にいる場合は、なかなかそう簡単な状況ではありません。その人にとっては人生のすべてに影響を与えてし…
<コラム>向上心、速度、生き様 HPコラム

<コラム>向上心、速度、生き様

もっと急いで、もっとしっかり。 仕事をしていても学校の中でも、社会の時間の流れというものは人を追い立ててしまうことが多いものです。向上心という肯定的にとらえられることですら、他者を攻撃するツールになってしまうことが日常の中に当然のこととして埋め込まれていきます。誰しも、もっとよく生きたい、今よりもよ…
<コラム>人の、自分の特徴を知る、病気?と思う前に HPコラム

<コラム>人の、自分の特徴を知る、病気?と思う前に

様々な情報が簡単に手に入る中で、発達障がいというキーワードも多くの検索結果を得ます。自分はどうしてできないのか、なぜこんなに苦しいのかと悩みながら探す人、仕事を任せる立場として、どうやったらいいのだろうと考えながら探す人、それぞれがなんとかしようという思いに他なりません。カウンセリングの現場でも、私…