個人から組織までの対人サービス HPコラム,コラム,マイベストプロ,未分類 <コラム>不安でしょうがない~勇気と不安とはじめの一歩

<コラム>不安でしょうがない~勇気と不安とはじめの一歩


何をやろうとしても不安が襲ってくる、そういう方は比較的多いと思います。そういう気持ちがあることを隠して、気づかれないように、指摘されないように、そのために懸命に努力している方もいらっしゃるでしょう。

なんとかして不安を消したい、何度も何度もどう思いながらも、その一歩が踏み出せず、あるいは踏み出そうとすることが不安を生んでしまう、そんな悪循環とも言える中で、精いっぱいの努力をされていることが多いようです。

不安というのは、過去をエネルギーにして未来からやってくる、と私は考えています。ひとりひとりが精一杯生きてきた積み重ねの中の経験が、未来へのブレーキ(不安を感じる)となってしまうことがある、そんなイメージです。それをはずしてブレーキを緩めることがある意味解決策なわけですが、ちょっと立ち止まって考えてみることも大切に思います。

そのブレーキは大切なのではないか

という単純なことを考えてみることです。もちろん、外すことができれば、進むことができます。それはいいことにも思えますが、一方で、そのブレーキがあったからこそ、今までやってくることができた、という側面も必ずあるわけです。

自分ではない誰かの生き方、歩き方と自分を比べてしまうこと、あるいは現状がダメに感じてしまう、誰かの言葉が重くのしかかり、ブレーキを外さなくてはと感じてしまう、そんなことも多くあります。

そうなりたい、と思う気持ちはとても大切ですが、比較する必要もなく、競争することには限定的な意味しかないと思うのです。それよりも、今までそのブレーキをかけて歩いてきた自分自身を認めてあげること、理解してあげること、そして感謝すること、それが最初のように思うのです。

そうやって、大切だったと感じることができたなら、ここから先は、ブレーキをかけない選択を持つこと、そして、その選択肢から選ぶこと、になってきます。

不安はここまで歩いてくるために必要だった武器、そう考えることで、今の自分が少しだけ楽になるのなら、不安を手放す必要もないと思うのです。

精一杯歩いてきた自分自身の武器に、ほんの少し感謝してみませんか?そこから次の一歩を歩き始めることも大切だと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Related Post

子どもと向き合う覚悟子どもと向き合う覚悟

子どもが学校に行かなくなる、それはご両親からすると突然の出来事で、なかなか受け入れ難いことかもしれません。なんとかして学校に行かせたい、そんなふうに思うことも当然の気持ちかもしれません。 多くの面接の場面で、その時に、子 […]

青年期の子どもに関する両親の相談先~無料相談のトライアル~青年期の子どもに関する両親の相談先~無料相談のトライアル~

対人関係であったり、トラブルであったり、様々な理由で働くという形で社会と繋がることができなくなっている状況が増えているように感じます。時にはひきこもりと言われるような状況となり、動けなくなってしまっていることも多くありま […]