個人から組織までの対人サービス HPコラム,コラム 蓄積する疲労、今までと違う暑さの影響

蓄積する疲労、今までと違う暑さの影響


猛暑、という言葉では不十分なような連日の暑さ、身体には大きなダメージが蓄積されています。水分補給はもちろん栄養をつけることも含めて対策が必要ですが、蓄積する疲労に対しても注意が必要です。

仕事や役割をお持ちの方は、どうしても責任感から頑張ることを常としています。それは素晴らしいことでもある一方で、今回のような環境の場合には、必ずしもいい方向にばかりでるとは言えないことがあります。役割がある以上、どうしても期待される立場がありますし、果たすべき責務があります。疲労した心身であっても、やらなくてはいけないことは山積みです。

その際に、その状況をわかってくれる人、もしもの時に相談出来る人、その存在は大きな後ろ盾になります。組織の中で、役割の関係性の中で、その存在がいるかどうか、よく見直していただくことを意識する必要があります。心身に蓄積した疲労は、気持ちが折れるのに十分な下地となります。誰かが倒れてからでは、連鎖的に起きる可能性も否定できなくなります。

これだけの環境の変化のなか、これまでの普通ではなく、当たり前にこなしていた仕事や役割が、今まで以上に過酷な状況になっているということを、人を守る、支える立場の方は強く感じていただければと考えています。実際に、異常、と思えるような状況も起きつつあります。

組織、人を動かす立場の方にとって、人を守る、支える時期、それを違えないことも大切な責務になります

コメントを残す

Related Post

健康状態を確認する意義健康状態を確認する意義

カウンセリングの現場では、健康状態を把握することも大切なことと考えています。様々な悩みや、対人、職場の問題などが語られる中で、健康状態が見逃されるのは残念なことです。体調や自覚症状、既往など必要に応じてしっておくことで、 […]

不安と情報の取り扱い不安と情報の取り扱い

新しい生活様式という表現で、これまでとは違った作法が求められる状況です。ソーシャルディスタンシング、飛沫防止、マスク着用など基本的なところから始まり、仕事も生活も大きな影響を受けています。実際の相談の現場でも、少しずつそ […]