たいせつな思いを受けて

<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために HPコラム

<コラム>後悔が産み出す罰、再び歩き出すために

人それぞれの人生を歩む中で、それぞれ異なる体験を持ちます。その体験の重みは、その人にしか、その人の歩みの中でしか感じることはできませんが、時として重過ぎる何かを背負っているようなことがあります。持つことにとても大切な意味がある場合が多く、丁寧に理解していくことが肝になります。 何かしら自分ができなか…
おりる たいせつな思いを受けて

おりる

長い時間をかけたものでも 手間をかけたものでも 永遠に続くものではなく いつか役割を終える時がきます 残念なことでもあり 寂しいことでもあるけれど それでも役割を終えることは 次に繋がる一歩でもあります いい関係でずっと続いた仕事 関係を維持するために努力した日々 それでも終わりが来ることはあります…
ほこる たいせつな思いを受けて

ほこる

春になると、役割や立場の変化があります 身近な人の立場が変わる時 その影響が思いのほか大きいことがあります 大切な存在だからこそ その変化を受け入れるのが難しく 頭ではわかっていても 心がついていかないこともあります 特に、人の成長が伴う場合には 大きな一歩を踏み出す側と 大きな一歩を見送る側とでは…
それぞれ たいせつな思いを受けて

それぞれ

たくさん考えて、悩んで やっとの思いで結論を出す それなのについ誰かと比べてしまう 普通を、正解を探してしまう それが人の出した答えなら それでいいと思う そう言ってあげられるのに 自分には言えないときがある そんなとき それは何のための答えなのか 一度振り返ってみてもいい それがもし 誰かのための…
選択する たいせつな思いを受けて

選択する

いくつかの関係性がある場合 利害が一致しないことがありますよね 特にグループへの所属などは それぞれの言い分があって 一方を選べば 他方との関係性が悪化する 当事者はとても苦しい立場になります たくさんの話を聞けば聞くほど だんだんと混乱して 動けなくなることもあるでしょう そんなとき 他の誰でもな…
気づく たいせつな思いを受けて

気づく

日々の生活に懸命になっていると、落ち着かないことや、モヤモヤした気持ちになることがあります。 それが大きくなりすぎると、毎日の生活の中で、その気持ちが気持ちを支配してしまって苦しいですね。 そんなとき、誰かと話したり、愚痴を言うことでガス抜きをしてみることもあるでしょう。 それが繰り返される中で、ふ…
ことば たいせつな思いを受けて

ことば

言葉は記号、言語学ではそういう表現だろうか。 それでも実際には、言葉は人と人とのやりとりに利用され、出し手から受け手へと意味を伴って伝えられる。 その意味を真剣に考えること、その思いを真剣に考えること、薄っぺらなものではなくて、心にグッと伝わるもの。 それを大切にするあまりに、身動きができなくなる、…